sohramame’s 「吉備の古代を想う」吉備氏・尾張氏

岡山(吉備)の古代史についてですが、上古代日本史全般についても書いてます

クニクル(孝元天皇)のお話

第8代孝元天皇のお話です。クニオシの子で、第9代開化天皇の父です。会話・心情は創作ですが設定・背景は事実だと考えてます。


#クニクル 1
フトニの弟の名は、クニクル
父はクニオシなので
磯城一族の母、細(クワシ)姫が
名付けたのだろう
クニクルはフトニとは母が違うので
別々の地で育ち
大人になって次王の候補になるまでは
会うことが無かった
初めて会ったときは
王として眩しすぎて
兄とは思えなかった
憧れた

#クニクル 2
クニクルは母に溺愛されて育ったので
進取果敢な性質に欠けていた
おっとり、のんびり、ゆるーく生きたい性格だったので
王の仕事にはあまり興味がなかった
とは言え
何もしないわけには行かないので
兄の死後
宮を
安定と平和に満たされた
イワレヒコの白橿宮に近い
軽境原に造った

※先王は前衛的に北に宮を構えましたが、孝元天皇はまた南に戻して宮を構えました。

(書きかけ)