イワレヒコ-神武東征 第0部「創世」

イワレヒコ(神武天皇)が東征を始める前の舞台(状況)です。創作ではなく、これが真実の歴史!と思って書いてます。

#イワレヒコ 0-1
紀元2世紀(AD100前後)原始邪馬台国
高天原久留米市高良山付近)に都を構え(卑弥呼の150年ほど前)
栄えていたが
そこからイワレヒコの祖父ニニギが分家して
偶然か必然かは不明も糸島半島の「日向(ひむか)」で
伊都王国を打ち建て原始邪馬台国連合の一国となった

#イワレヒコ 0-2
イワレヒコの祖父はニニギ
父はホオリで
豊玉媛との間の子がナギサ
玉依媛との間の子がイズセ、イナヒ、イワレヒコ
イワレヒコの東征完了までの名はわからない
サノ?ホホデミ?イワレ?
Tweetでは便宜的にイワレヒコと呼んでいる
既に妻子がいたが東征には随行してない

#イワレヒコ 0-3
邪馬台国分家の伊都国は
父ホオリ、兄ナギサが宗家として継いでいる
庶子のイズセ、イワレヒコは国を継げないので
出奔して東に新天地を求めた
それがA.D.175の頃で、イワレヒコが20歳過ぎの時
卑弥呼が登場するのはその50年後
ちなみにイワレヒコの崩御はA.D.194頃

(創世-終)